おもしろゲームブログ

ゲーム制作サイト「おもしろゲーム神殿 ~ひきこもりの無料ゲーム集~」の日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラとブロックのミニサイズ(16×16)は描かなくても良いです。
アクエディ2では、ゲームでもエディターでも32×32の画像しか使いません!
ただし、アイテムだけはミニサイズを用意して下さい。
スポンサーサイト
今週の天てれは梨生奈の出番が少ないはずですが、木曜だけはほぼフル出場ですね。(今は再放送期間なので公式のスケジュールを見れば大体分かります)
木曜は、久しぶりにスタジオの衣装で登場します。
ドラマや紙フトの衣装もいいけど、個人的にはスタジオの衣装が一番好きだったりする。
なんか、お姉さんになるよね。

タイトルは無関係でしたねw
アイテムはまだ未完成ですが、実装の目処はたったのでひとまず放置。
最近は失敗した時のリスクを考えて、不安な部分から優先的に実装していってます。
これはこれで効率悪い面もあるけど、大作作るには無難なやり方かなぁ。
こんなのは簡単に実装できます。
前作は、ただ単にパラメーターを表示するスペースがなかっただけですから。
キャラほどではないかもしれませんが、アイテムもかなり進化する予定です。
例えば、1アイテムで複数の変数を操作できるとかね…
他にも色々あるけど、まだ言えないことだらけ(謎)
今知りました(遅)
アジアカップは、カタール戦とオーストラリア戦しか見てないや…orz
3位決定戦の相手は韓国だし、見よう。
なんか韓国戦って妙に燃えてきませんか?

それにしてもオシムサッカーってどうなんでしょうね。
とりあえず、見てて面白いサッカーとは思わないけど…
アントンはサッカーに関しては結果よりも内容重視です。(←どうでもいい)

そして、なんと今日7/26は天てれ梨生奈の誕生日なのです。
さあどうしよう(ぇ)
お待たせしました。

さて、今回は制作の負担を考えてボス戦です。
まだブロック以外はプログラミングで配置データを作成しないといけないので、結構苦労しました…キャラ2体なのに300行打ちこんでたりorz
ボスの動きがかなり複雑そうですが、アクエディ2ではこれくらいは楽に設定できますよ。マジで。

<操作説明>
←→ … 移動
Z … 入力方向に手裏剣
X … ジャンプ
C … 静止
ポイント:Cキー+任意の方向キーを押しながらZキーを押すと、移動せずに手裏剣の方向を変更できます。

アクションエディター2体験版のダウンロード↓(※バグだらけですが、バグ報告は不要です)
http://www.omoshiro-game.com/soft/ActionEditor2/ActionEditor2_a1.zip

まだビジュアル面の進化に乏しいので感動は薄いかもしれませんが、まだまだこれから面白くなりますからね。
今後にご期待下さい。
キャラ変数とは各キャラが一つずつ持っている変数です。
キャラエディットの外から参照したり変更したりすることはできませんが、自由が効かない分管理が楽です。
シミュエディ経験者はイベント変数だと思えば理解が早いですね。

キャラ変数は、連続攻撃(3連続までとか)等を実現する時に使うと良いですよ。

ここまでの変数のまとめ
・変数…どこからでも参照や変更が可能
・ステージ変数…ステージエディットの外から参照や変更はできない
・キャラ変数…キャラエディットの外から参照や変更はできない
PCでTVが見れるようになりました。
アナログ放送だけど…
もちろん録画も可能。

そんなわけで、早速梨生奈をキャプしてみる。(ソースがVHSなので画質は悪い)
天てれの木内梨生奈

可愛い過ぎw
うーん、やっぱりゲーム制作なしの生活というのは落ち着かないものです。
相変わらず依存症ですね。
なんか疲れている…
朝起きるのが怖い…
胃が痛い…
アイスがあるのに腸が悪くて食べられない(←本当)

しばらく休もうw
ここからは、体験版に必要な機能を優先して実装していきます。

体験版のステージ構成も考えましたよ。
多分ゲームとしてはつまらないものになりますね(ぇ)
なんか前作よりもウェーブの実装が難しいんですがorz
アクエディ2ではショットを斜め方向やプレイヤーの入力方向へも飛ばせたりするので、その分実装には手間がかかってしまいますね。
久しぶりに数学的な難しさに頭を悩ませています。
数学の勉強したいけど、どこら辺を勉強すればプログラムの結果に直結するのかが分からない。
いや、そもそも数学的な間違いなのかどうかさえも…(駄目じゃん)
まだエディターのほとんどの設定がゲームに反映されない段階なので、プログラミングで配置しなければならないという。
さて、どんなステージにしようかな…

ついでに今日の天てれですが、梨生奈の出番はなかったですね。
ってか、そろそろこの話題は自重しないといけない空気w
全然駄目ですね。
別に大して難しい処理をしているわけでもないし、原因不明のバグに悩まされているわけでもないのですが…

まあそれでも、体験版は今週中には出せそうですよ。
期待してやって下さい~


あっ、でもエディターは添付しませんので(死)
特にゲーム制作関連のネタがないので、今日は個人的に好きな(または尊敬する)人物を4名挙げてみる。
イチロー選手、中村俊介選手、崎元仁氏、木内梨生奈ちゃん(まだ中1なので「ちゃん」でw)です。
前2人に関しては、もはや説明するまでもないですね。

崎元仁氏は、FF12やFFタクティクス、グラディウスⅤ等のBGMを担当された実力派の作曲家です。
専門的なことは何一つ言えませんが、とにかくこの人の曲はアクが強くて一度はまったら抜け出せませんね。
この記事を読んで興味が湧いたら、まずはFF12かFFタクティクスのサントラを買うべしですw
あと、アニメだとロミオ×ジュリエットのBGMなんかも担当されていますね。
放送が深夜なので、アントンは毎回録画して見てます。
ってか、最近は画面そっちのけで曲だけを聴いてる感じ(爆)
↓ロミオ×ジュリエット公式サイト
http://anime.goo.ne.jp/special/gonzo/romejuli/

最後に木内梨生奈ちゃんですが、現在、天才てれびくんMAX(以下「天てれ」)等で活躍中のタレントです。
梨生奈ちゃんが天てれ新人の頃(2年前)からたまに天てれを見ていて、当時からお気に入りの戦士でしたが、本格的にはまりだしたのは2007年度の衣装に変わってからですね。
とにかく可愛いんだこれが…
顔とか仕草とか声とか…もう全部がっ!(狂)
もし、アントンと趣味を共有したい人がいたら、天てれを見てみよう。(共有したい人→いねーよ)

天才てれびくんMAXの放送時間: 月~木 18:20~19:00 (NHK教育)
↓天才てれびくんMAX公式サイト
http://www3.nhk.or.jp/tvkun/
※1 小中学生向けの番組です
※2 梨生奈ちゃんが出ない日もあります
※3 金曜は「天才てれびくんMAXビットワールド」(「ビットワールド」がつく)で、全くの別番組です ← これ重要
ショットに関しては、それほど大きな進化はないかも…
拡散の中心角度や落雷の列の幅を決められる等の小さな進化はございますが。
やっと移動処理が完成。
2日間風邪で体調崩してまして…

次はショットを実装予定。
今年の目標の1つに「トップページのカウンタを150万までまわす」というのがありました。
もう無理だろうけど。

目標はなるべく高く設定するべきだと思いますが、目標を達成するための努力をしているかどうかが疑問ですねw
ICHIRO SUZUKI のことですよ。(ややこしいわ)
オールスターでMVP(3安打1本塁打)ですからねー。
どんだけ夢を与えれば気が済むんだw
現在の状況をスランプだと認めると、さらに深みにはまり悪循環になるだろう。
じゃあ認めるなよ(←自分へ)

当ブログでは度々、集中力がないとか努力の方向が間違っているとか嘆いておりますが、結局一番問題なのは動機の弱さなんだよね。
基本的にプログラミングってつまらないし(個人的に、作品の規模が大きくなるほどつまらなくなると思う)正直、本気でアクエディ2を作りたいとも思えなくなってきたし。
強いて言えば、1日1日の充実感を得るためにやっているだけ…
「暇だから」と言い換えてもいいかも(苦笑)

もちろん、アクセスUPやBBSの繁栄は励みになりますが、それだけではね…
贅沢かなぁ。
第N次スランプです。
それしか書くことねえや(爆)

体験版はあと1週間以上あとになりそう…
誘導の性能を表す「誘導値」が設定可能になりました。
誘導値が低いほど、より主人公の動きを的確に把握し、最短距離で移動してくれます。
ただ、誘導値を高くしすぎると、動きが読みづらくなって回避が困難になるかもしれませんw

また、横方向や縦方向の動きを無効化する設定も可能に。
どちらもヤバイほど高機能w
円移動に関しては、開始角度・終了角度等も自由自在です。
円のどこからスタートするかが決められるということ。

それにしても、向きとスピードの関係をどうするかが難しかったですね。(何回直線移動を作り直したことやら…)
エディターでキャラを右向きに配置した時に、スピードの方向(正負)が逆になる「ミラー」パラメーターなんかもございます。


凄いぜ!山崎武!
ってか一度没になって、それを今復旧させているところです。(効率悪し)

さて、タイミングについてですが、とりあえず前作のタイミングとは全く別のパラメーターですので誤解のないように…
タイミングとはアクション発生条件の一種で、これを使えば「ある瞬間」にアクションを発生させることができます。
例えば、「ダメージを受けた瞬間」・「ブロックに当たった瞬間」・「死んだ瞬間」とかね。
移動方向の設定がかなり自由です。
上下左右等の単純な方向はもちろん、角度や目標で指定することも可能。
「目標」とは、移動の目標となる座標のことで(x,y)で指定します。
まだアクションエディター2の体験版が出せてない…
公開まであと1~2週間はかかると思う。

 ← | おもしろゲームブログ  | → 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。